比較的リーズナブルな値段|大切な人が亡くなった際の遺品整理

葬式のsouba

もしもの時に備えておく

不幸は突然やってくることがあります。その時になってから慌てないために、通夜や葬儀にかかる費用の相場やサービスなどを知っておくことをお勧めします。 葬式にかかる費用は葬儀屋さんに支払う費用と、自分達で負担する費用に分けられます。葬儀屋さんに支払うのはいわゆる「葬儀プラン」の基本料金です。家族葬50万、一般葬100万、直葬20万など、プランごとに料金が決まっています。 自分達で負担するのが、会葬者をおもてなしするのにかかる費用や、寺院関係者に支払う費用です。具体的には通夜振舞いで提供するお酒や食事代、精霊落とし、会葬返礼品などがあります。さらに読経をしてくれた僧侶へのお布施代なども必要になってきます。

葬儀費用以外の大きな出費

一般的に葬式をすると200万円ほどの出費になると言われています。しかし、沢山の葬儀屋さんから見積りをもらって料金を比較すれば、その半分くらいはコストカットできます。 注意したいのが葬式の費用だけではなく、その他にも墓石代や霊園代、香典返しなど、何かと出費が多くなるということです。墓石などは100万円単位の費用がかかるものです。墓石を新しく購入すると、葬式と合わせて300万円以上の出費になります。 今はお墓の土地不足もあり、樹木葬や海洋葬のように「散骨型」の埋葬がブームになっているそうです。墓石の費用を抑えたいならそれも一つの選択です。葬式に備えて可能な限り準備をしておくことでムダな出費を抑えることができます。